FEATURE

ウォルカの見つめる未来

walka(ウォルカ)の見つめる未来

Walkable Wear 〈walka〉は
“歩き続けることができる
日常”を大切に考えています

歩けることは
素敵な未来(日常)を守ります
新100年時代

walka は
日常着の一部に取り入れることで
転倒によるリスクの低減・軽減することを目的とした
シニアの為のNew Daily Casual です。

なにか起こってから対処するのではなく、
予防をすることで
「未来に明るく向きあえる老後」
をつくりたい。

歩ける時間を少しでも長く。
おしゃれしたい気持ち(出かける機会)を
もっと先まで。

歩く未来を守る服 Walkable Wear walka

詳しく見る

walkaはエイジレスに楽しむことができるファッション性を目指しています。

CONCEPT

walka(ウォルカ)とは?

着るだけで転倒によるケガのリスクを軽減してくれる
新しいスタイルの服walka。普段着として
日常生活の中に気軽にとりいれてみてください。

詳しく見る

大腿骨に関する調査結果と
〈ウォルカ〉の開発

人が転倒した時の衝撃をいくつかの文献資料から“高齢者の大腿骨骨折は平均3200N(kg換算で約320kg程度)の衝撃で起こる”と想定し、この数値を参考値として衣服へ適用可能な緩衝材の実験・検証を行いました。衝撃吸収の計測は後述のフォースプレート(日本キスラー株式会社製サンプリングヘルツ2.0KHz)を使った落下実験によって行いました。具体的にはフォースプレート上に緩衝材(以下パッドと呼称)を設置し、各試料につき繰り返し一定の条件からの落下実験を行い、各試料の平均値、標準偏差を算出して一配置分散分析を行いました。
今回行った実験の結果からは、パッドによって吸収率の違いに有意な差異があることが示され、最も優位な結果で約30%程度の衝撃を低減するパッドを見つけることが出来ました。

パッド開発時の画像
パッド開発時の画像

今回行った実験の結果からは、パッドによって吸収率の違いに有意な差異があることが示され、最も優位な結果で約30%程度の衝撃を低減するパッドを見つけることが出来ました。

詳しく見る

詳しく見る

シニアファッションのこれから

現代のシニア、そして次世代シニアは、ファッション経験が豊富で、身だしなみに気を配り自分らしさを大切にする、新しいタイプの“高齢者”です。若々しく活動的なシニアの皆さんですが、加齢とともに身体には様々な変化が生じ、注意しなければならないことも多くなってまいります。例えば,運動機能の低下により転倒リスクが高まることはよく知られています。これまで元気に過ごされていた方が転倒により要介護になるなど、一見若い頃と変わらないようなシニアの生活にも、多くのリスクが潜んでいます。

詳しく見る

詳しく見る

PROTECT

からだを守るボトムス

転倒によるケガのリスクを考え、
大腿骨・膝・お尻周りに
オリジナル開発PAD「D-fendia」を搭載。
履くだけでOKのボトムスラインアップです。

詳しく見る

COMFORT

サイズと着心地

袖丈や股下は通常のサイズよりもやや短めに設定。
着丈が合わない悩みも解消します。

詳しく見る

SCENES

walka(ウォルカ)でどこへ行こう?

〈日常のお出かけ〉シーン

詳しく見る

SCENES

walka(ウォルカ)でどこへ行こう?

〈お家でゆっくり〉シーン

詳しく見る

SCENES

walka(ウォルカ)でどこへ行こう?

〈旅先でアクティブ〉シーン

詳しく見る

NEWS & FEATURE

新着情報 & 特集一覧